「未分類」カテゴリーアーカイブ

テーピング

パソコンの強くて青っぽい光を和らげる効果のあるPC専用のメガネがことさら人気をはくしている要因は、疲れ目の予防策に多くの人が関心を寄せているからだといえます。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(呼吸器の一種)から出血することで、吐血というものは十二指腸よりも上の消化管から血が出る症状を表しているのです。 続きを読む テーピング

フィトケミカル

肝臓を元気な状態にキープするには、肝臓の解毒する作用が低下しないようにする、要するに肝臓の老化対処法を迅速に実行することが重要だと言われています。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの膨大な研究結果から、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、注射した日の約2週後から5カ月間ほどと言われているようです。
人の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に区別されますが、この中耳のところにばい菌やウィルスがうつり、炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と称しています。 続きを読む フィトケミカル

下肢

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて受動喫煙・アルコール類・脂肪過多等のライフスタイルの質の低下、ストレスに縁って、最近、日本人に増加しているという疾患の一つです。 続きを読む 下肢

実行

鍼灸用のハリを体に刺してもらう、というダイレクトな無数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと呼ばれる謂わば電気信号伝達を引き起こすのではないかという考えが浸透しています。
胸痛を主訴とする狭心症の外科手術としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の双方の手術の方法が活発に採用されています。 続きを読む 実行

めまいは診られないのに、長く続く耳鳴りと低音域の難聴だけをいつまでも繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなケースもあるとのことです。
常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力がきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けられます。 続きを読む

均衡の乱れ

ハーバード大学医学校(HMS)の調査データによると、毎日2〜3カップのデカフェのコーヒーに変えることで、あの直腸がんの危険性を5割以上も減少させることができたそうだ。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、分泌がおかしくなる素因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が挙げられます。 続きを読む 均衡の乱れ